リクルートで働く人々

10
“誰か”の笑顔のために、スキマ時間を価値に変える。今里亮介が描く働き方の再定義

“誰か”の笑顔のために、スキマ時間を価値に変える。今里亮介が描く働き方の再定義

お昼休みの数分が、通勤の数十分が、家事の合間の数時間が、すべて「価値」に変わるとしたら──。 スキマ時間を仕事にあて、今よりちょっとだけ毎日が豊かになる。そのサービスが、近所のアパートやマンションの点検・清掃など、簡単な仕事ができる「エリクラ」です。 生みの親の一人は、リクルート次世代事業開発室の今里亮介。今里は、テレビ局での勤務を経て、2014年にリクルート住まいカンパニーに入社。リクルートの新規事業提案制度Ringにエリクラを応募し、本格事業化に向けて実証実験を行って

30