新しい働き方のヒント

64

社員は家族であり、みんなが幸せになることが会社の目的――伊那食品工業

長野県伊那市に本社を置く「伊那食品工業株式会社」は、1958年創業で、現在、社員とパートタイムの方を合わせて560名ほどの従業員を擁する企業です。 同社は、寒天をメインとしたさまざまな製品や、「健康」と「ちょっと手づくり」をコンセプトとした「かんてんぱぱ」ブランドの家庭用製品の開発・製…

受講生の増加だけでなく、職場環境も改善した「ほめちぎる教習」とは?――三重県南部自…

三重県伊勢市に位置する「三重県南部自動車学校(以下、南部自動車学校)」は、1962年に開校し、来年で60周年を迎える自動車学校です。 同校が8年前からスタートさせた「ほめちぎる教習」が話題となり、少子化時代にもかかわらず受講生が急増。それに伴い規模も拡大し、現在、指導員60名、内勤者20名…

社内番組が果たす新しいコミュニケーションの実現――マクアケ

アタラシイものや体験を応援するクラウドファンディングサービス「Makuake」を中心に、さまざまな事業を展開する株式会社マクアケ。同社は多くの利用者に支持され、事業の拡大を進めつつ新たな拠点を増やしています。 社内コミュニケーションの重要性が増していく中で起きたのが、新型コロナウイルス…