マガジンのカバー画像

RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC

15
世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。 「まだ、ここにない、出会い。」には、一人一人の可能性を信じて、豊かで楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことを応援したい。そんなメ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

BREIMEN・高木祥太が影響を受けた、“ごちゃまぜ感”が魅力のグループは

5人組ミクスチャーファンクバンド・BREIMENの高木祥太が、音楽のルーツや、楽曲『D・T・F』に…

Mega Shinnosuke、UKロックからの影響を語る。古着屋を好む感覚と近い“かっこよさ”…

“新世代のクリエイター”として活躍中のMega Shinnosukeが、自身の音楽のルーツや、新曲『未…

Sano ibuki、“物語性のある楽曲”に影響を受けた偉大なアーティストとの出会いとは?…

シンガーソングライターのSano ibukiが、自身の音楽のルーツや、新曲『プラチナ』に込めた想い…

Cody・Lee(李)が“宅録”を知るきっかけになった楽曲は?

5人組ロックバンドのCody・Lee(李)が、音楽のルーツや、楽曲『世田谷代田』に込められた想いを…

「J-POPの幅を広げる」が目標のa子、音楽ルーツの椎名林檎を語る

シンガーソングライターのa子が、音楽のルーツや、楽曲『ジェラシー』に込められた想いを明か…

大橋ちっぽけ、最新曲『嫌でもね』は“悲しいけれど踊れる”がコンセプト

シンガーソングライターの大橋ちっぽけが、自身の音楽のルーツや、最新曲『嫌でもね』に込めた…

Nao Kawamura、「楽曲制作で大切にしていること」が共通する楽曲との出会いは?

セルフプロデュース、ソングライティングもこなすシンガーアーティストのNao Kawamuraが、自身の音楽のルーツや、最新曲『I wanna be there for you』に込めた想いを明かした。 “それでもあなたのそばにいたい”と思える気持ちってすごく尊い Nao Kawamuraは、ジャンルにとらわれない自身の音楽性を“エレメンタルポップ”と題し、これまでにSuchmosやSANABAGUN.の作品などに参加している。そのほかWONKのライブサポート、オランダのジ

スキ
7

Ryohu、盟友・YONCEとのコラボ曲は「100点を超える良さが出た」

HIPHOPクルー・KANDYTOWNの中心メンバーでソロとしても活動しているRyohuが、新曲『One Way fe…

さらさが歌う「ネガティブなことも受け入れて、次のステップに進む」楽曲

さらさが、満を持して初めてのEP作品『ネイルの島』をリリースした。そんな彼女が、その中の収…

My Hair is Badが「高校生に戻ったような感覚」で生み出した作品。椎木…

My Hair is Badの椎木知仁(G, Vo)が、音楽のルーツや、楽曲『歓声をさがして』に込められた…

Omoinotakeが「ブラックミュージックの要素を、日本のポップスに昇華させた金字塔」と…

ピアノトリオバンドのOmoinotakeが、バンドのルーツとなる楽曲、そして新曲『心音』に込めた想…

TOMOOが初めてピアノで耳コピしたジブリ楽曲は?

シンガーソングライター・TOMOOが、自身の音楽ルーツや、新曲『酔ひもせす』に表れた個性を語…

BIM、盟友・kZmも気に入った新曲『Mosquito』で表現した自分らしさ

ラッパーのBIMが新作ミニアルバム『Because He's Kind』をリリース。 音楽のルーツや、収録曲…

あたらよ『悲しいラブソング』は実体験を落とし込んだ楽曲。ひとみが語る

あたらよのひとみ(Vo, G)が、バンドマンを目指したきっかけとなった楽曲を明かした。また、1stアルバム『極夜において月は語らず』のリード曲『悲しいラブソング』に込めた想いを語った。 あたらよらしさとは“歌を届けるということ” あたらよはひとみのほか、まーしー(G)、たなぱい(Dr)、たけお(B)の4人からなる“悲しみをたべて育つバンド”。バンド名は“明けるのが惜しいほど美しい夜”という意味の可惜夜に由来している。作詞・作曲だけでなく、アートワークや映像もセルフプロデュ

スキ
13