リクルート公式note編集部だより
見出し画像

リクルート公式note編集部だより

はじめに

皆さん、こんにちは。リクルート公式note編集部です。

6月が終わり、いよいよ本格的に夏を迎えますね。すでに日によっては夏日のような気温の高い1日もあるので、皆さんどうぞご自愛くださいね。(アイスコーヒーがおいしい時期が来ました!)

さて、今回から「リクルート公式note編集部だより」と題し、私たちnote編集部からその月に起こった出来事や、注目ニュースなどをピックアップして、皆さんにお届けできればと思っています。うれしかったことや、あの記事の裏側なんかもお話しできればと考えていますので、ぜひお読みください。

────

6月のハイライト①:最も多く読まれた記事は……

6月中、リクルート公式noteの中で最も多く読まれた記事をご紹介します。

社員は家族であり、みんなが幸せになることが会社の目的――伊那食品工業

長野県伊那市に本社がある、1958年創業の伊那食品工業株式会社は「かんてんパパ」をはじめ、寒天をメインとした商品の開発・製造・販売を行う企業です。
そんな同社は「社員にとっていい会社」の実現を目指し、社員が楽しく働ける環境づくりのため、働き方改革を実施。「何よりも、職場に復帰してくれるのがありがたい」と、スタッフの産休・育休を見越して採用活動を行い、65歳まで定年を延長するなど、「社員は家族」という考えを強く打ち出しています。
「会社は何のためにあるのか?」について、突き詰めて考え実践している伊那食品工業の取り組みは、働き方だけでなく、会社との関わり方についても思いを巡らせるきっかけになると思います。

6月のハイライト②:最も多く「スキ」を集めた記事は……

続いては、皆さんからの「スキ」を一番多くいただいた記事をご紹介。6月はこの記事でした。

みんなで協力することで仕事が復活! そして収益アップ!――宮城県漁業協同組合 七ヶ浜支所

宮城県七ヶ浜町は日本最北端の海苔の生産地。最盛期には800軒あったという海苔漁師たちは、それぞれが独立したライバル関係にありましたが、2011年の東日本大震災で状況は一変しました。
仕事を再開するため、海苔漁師たちは敵対や競争ではなく「協業」を選択。しかし、これまで培ってきたやり方を変えられず苦戦します。海苔漁師たちも生き残りをかけ、分業を取り入れたことで協業関係が好転し、みんなが持ち寄った経験や知識によって、ブランド海苔「親潮一番」を生産するまでに。
また、協業したことで求人をかけやすくなり、若い世代の参入が増えてきているそうです。協力し合う関係性をつくるために大切なことを教えてくれるこの記事は、漁業だけでなく、どんな仕事の人にもきっと新しい発見があると思います!

6月のハイライト③:デザインのアップデート

6月は、2つの新しいマガジンを公開。それに伴い、トップ画像も新しく制作しました。リクルート公式noteのトップページを、ちょっとワクワクするような、にぎやかな雰囲気にできたらと考えています。

新しく公開したマガジンは、こちら。皆さんに楽しく読んでいただけるようなnoteを、これからも発信していきたいと思います。

「わたしたちが描く未来の話〜Follow Your Heartを支えるテクノロジー〜」

「こんなお店がつくりたい」「こんなサービスを届けたい」「こんなこと、やってみたい」……。時代に合わせてさまざまなメディアやテクノロジーを活用したサービスをお届けしてきた私たちの根底には、そんな一人ひとりの「Follow Your Heart」を応援したい、という思いがあります。このマガジンでは、それぞれの一歩を踏み出し、現場でがんばるあの人のストーリーをご紹介しています。

「これからの『働く』を考えるヒント」

多様な働き方が広がる中、「自分らしい」と心から感じられる働き方を考えてみるヒントになるような記事をまとめています。自分の心の声とじっくり向き合う時間をつくるきっかけになればうれしいです。

6月のハイライト④:編集部的注目ニュース

最後に、編集部が直近で特にうれしかった出来事や、注目ニュースをご紹介させてください。

リクルート公式noteでは2021年3月、リクルートが目指したい世の中「Follow Your Heart」に共感してくれたアーティストに、ミュージックビデオを制作していただく企画「Follow Your Heart Music」の企画発案者である、阿南孝宏さんにインタビューした記事を公開しました。

それが今回、株式会社リクルートの公式サイトにある「Recruit Voice」というコーナーに掲載されました。ぜひチェックしてみてください。

また、noteユーザーさんがご自身のnoteで感想を掲載してくださったり、Twitterでリクルート公式noteを取り上げてくださった方もいらっしゃいました!
本当にうれしいです。皆さん、いつもありがとうございます。

────

おわりに

6月も盛りだくさんの内容で、リクルート公式noteをお届けしてきました。多くの反応をいただいて、私たち編集部もすごく力をもらっています。お届けしているnoteが、小さな一歩のきっかけになったり、少しでもお役に立つものになったりしていれば、うれしいです。

現在は、マガジン「リクルートで働く人々」でのインタビュー記事を企画しています。どのような取材になるのか、私たちもいまからワクワクしています。

ぜひ今後も、リクルート公式noteをお楽しみいただければ幸いです。


この記事が参加している募集

私の仕事

スキありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。