リクルートの新企業CM! 制作エピソードを紹介。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

リクルートの新企業CM! 制作エピソードを紹介。

はじめに

皆さん、こんにちは。リクルート公式note編集部です。
9月に入って急に涼しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、2021年6月から始めた「リクルート公式noteの編集ノート」も、今月で3回目を迎えました。いつもリクルート公式noteのページに来てくださる皆さんのおかげです!

「リクルート公式noteの編集ノート」では、編集部が日頃考えていることやコンテンツ企画の背景、制作の裏側などをお伝えしています。早速、8月のハイライトをご紹介していきます。

8月のハイライト①:最も多く読まれた&最も多く「スキ」を集めた記事は……

8月の1 カ月間、最も多く読まれた記事は、株式会社リクルートが14年ぶりに制作した企業CMの担当者にインタビューした「『迷ったら、ドキドキする方へ。』リクルートが新企業CMを通じて届けたいメッセージ」でした。
そしてなんと、この記事は8月中、皆さんから一番多く「スキ」をいただいた記事でもあります!(皆さん、たくさん読んでいただき、ありがとうございます)

担当の田端洋さんがインタビューの中で、CM制作時のエピソードや、「迷ったら、ドキドキする方へ。」のキャッチコピーに込められた思いなど、あまり表に出ることのないCMの裏側をお話ししています。
記事を読んでからCMを見ると、まるで自分が登場人物たちの間を駆け抜ける風になったようなワクワク感を体感できるかもしれません。

もしまだ読んでいない方は、ぜひこちらの記事をチェックしていただけたらうれしいです。テレビCMを見逃した方、もう一度じっくり見たい方は、YouTubeでも視聴できますので、ぜひご覧ください。

8月のハイライト②:マガジン紹介

今月、ご紹介するリクルート公式noteのマガジンはこちら。「リクルートで働く人々」です。

リクルートは「まだ、ここにない出会い。」を「果たす役割」として掲げ、一人ひとりの人生や選択に寄り添えるようにと、多くの事業・サービスを展開しています。その裏側には、地道に、真摯に仕事に取り組むたくさんの従業員がいます。

「リクルートで働く人々」は、皆さんに普段使っていただいているサービスの裏側の人たちのインタビューを通じて、仕事の内容だけでなく、そこに携わる人が抱く思いも伝える記事をまとめたマガジンです。これまでにも、若い人たちの挑戦を応援する企画「Follow Your Heart & Music」や、新しい副業のかたちである「ふるさと副業」、ゼクシィの「オンライン相談サービス」、自宅からリアルな学校の雰囲気を体感できる「オープンキャンパスストーリーズ特集ページ」など、ユニークなサービス・企画とその背景をお伝えしてきました。

これからも、普段なかなかご紹介する機会のない事業・サービスの裏側を、皆さんにご紹介していければと思っています。

8月のハイライト③:編集部的注目ニュース

最後に、編集部が取り上げる注目の出来事についてご紹介します。

8月末、マガジン「リクルートで働く人々」の新記事制作のため、株式会社リクルートスタッフィングのスマートワーク推進室・室長の平田朗子さんにインタビューを実施しました。

新型コロナウイルスの感染拡大で急速に普及し、多くの企業が導入した「テレワーク」。その中で、派遣スタッフの方々のテレワーク推進に取り組んできた平田さんに、コロナ禍で変わったこと・進んだことについて、派遣スタッフや企業側の事例も含めて聞いてきました。仕事にかける原動力のエピソードもありますので、どうぞお楽しみに!
こちらの記事は、近日中に公開を予定しています。

おわりに

多くの皆さんに、リクルート公式noteを訪れていただきとてもうれしく思っています。ありがとうございます!

引き続き、皆さんに楽しんでいただけるようなコンテンツをお届けできればと思います。
季節の変わり目、どうぞご自愛くださいね。それでは来月も、「リクルート公式noteの編集ノート」でお会いできるのを楽しみにしています。


ありがとうございます!また読んでいただけたらうれしいです。
リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。