「#2021年の出会い」のお題で募集 たくさんの投稿ありがとうございました!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「#2021年の出会い」のお題で募集 たくさんの投稿ありがとうございました!

株式会社リクルート 公式note

はじめに

「#2021年の出会い」のキャンペーンから始まった2022年。あっという間に1カ月強が経ちましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

早速、キャンペーンを含めて多く読んでいただいた記事ご紹介します。

12月のハイライト①:最も多く読まれたページは……

今回、最も多く読まれた記事は、マガジン「新しい働き方のヒント」より「デジタルを駆使して、働き方改革をアップデートしていく――清水建設」でした。このマガジンにある記事は、J-WAVE 81.3FMの朝の番組「RECRUIT THE WORK SHIFT」からまとめております。音声配信の方も、ぜひ聞いてみてください!

従業員1万人を抱える清水建設では、働きがいを高めるため「働きがい指標」を取り入れています。全従業員へのアンケートで抽出した数値を全社で共有し、どのような施策が必要なのかを考え、各職場で工夫を重ねているそうです。また、コロナ禍で全社的にテレワークを導入。その一環で、本社のオフィスレイアウトをデジタルの三次元空間に展開し、社員のいる場所を顔写真付きのマークで表示する「SHIMIZ CREATIVE FIELD」を開発します。“ほどよい解像度”を持つ、このデジタル空間から得られるデータによって、業務改善や働き方の改革にも役立てられるといいます。独自の視点によるさまざまな施策に、多くのヒントがありそうです。

12月のハイライト②:最も多く「スキ」を集めた記事&編集部的注目ニュース

12月の1カ月間で、最も「スキ」を集めた記事は、12月21日より募集を開始した「#2021年の出会い」のコンテストのご案内でした! 1月20日をもって、約1カ月間の募集期間が終了しましたが、作品を投稿いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

多くの方から寄せられた「#2021年の出会い」を、一つひとつ丁寧に読ませていただきました。皆さまのさまざまな「出会い」について触れることができ、編集部一同とてもうれしかったです。

ただいま、投稿作品の一部をご紹介する記事を制作中です。もしよろしければ、そちらもぜひお読みください。

noteさんの記事でも、コンテストの内容をご紹介いただきました。ぜひこちらも併せてご覧ください。

おわりに

いつもリクルート公式noteの編集ノートをお読みいただき、ありがとうございます!
少し遅くなってしまいましたが、本年もリクルート公式noteをよろしくお願いいたします。


この記事が参加している募集

振り返りnote

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!また読んでいただけたらうれしいです。
株式会社リクルート 公式note
リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。