株式会社リクルート 公式note

リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。

株式会社リクルート 公式note

リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。

マガジン

  • RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC

    世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。 「まだ、ここにない、出会い。」には、一人一人の可能性を信じて、豊かで楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことを応援したい。そんなメッセージが込められています。 そしてこのコーナーは、音楽との「まだ、ここにない、出会い。」により、リスナーの皆さんが新たな自分らしさを見つけるきっかけとなることを願い、スタートしました。

  • 新しい働き方のヒント

    世の中のさまざまな「新しい働き方」をお届け !『RECRUIT THE WORK SHIFT』(J-WAVE 81.3FM)で放送された内容をご紹介しています。

  • リクルート公式noteの編集ノート

    リクルート公式note編集部からのお知らせ、ニュースをまとめたマガジンです。

  • #2021年の出会い

    2021年12月~2022年1月に開催したnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#2021年の出会い」に関する記事のご紹介です。

  • リクルートで働く人々

    さまざな取り組み・サービスの裏側で奮闘する、リクルートで働く従業員の思いをお届けしています。

最近の記事

BREIMEN・高木祥太が影響を受けた、“ごちゃまぜ感”が魅力のグループは

5人組ミクスチャーファンクバンド・BREIMENの高木祥太が、音楽のルーツや、楽曲『D・T・F』に込めた想いを明かした。 「テーマはあっても、目的地はない」という自分らしさ 数多くのストリーミングサービスの主要プレイリストや、“今聴くべきアーティスト”としてメディアにピックアップされるなど、ネクストブレイク候補として注目を浴びているBREIMEN。そんなBREIMENでフロントマンを務める高木は、このたび「SONAR TRAX」に選ばれた、新曲『D・T・F』にどんな思いを

スキ
3
    • Mega Shinnosuke、UKロックからの影響を語る。古着屋を好む感覚と近い“かっこよさ”とは?

      “新世代のクリエイター”として活躍中のMega Shinnosukeが、自身の音楽のルーツや、新曲『未来時代』に込めた想いを明かした。 「自分の価値観を素直に発信する」というこだわり 2000年に誕生、東京生まれ福岡育ちのMega Shinnosukeは、2019年4月より再び東京在住に。2017年秋よりオリジナル楽曲の制作をスタートさせ、以降は作詞・作曲・編曲の全てを自身が務めるだけでなく、アートワークや映像制作にも携わっている。これまでも『桃源郷とタクシー』『甲州街道

      スキ
      5
      • Sano ibuki、“物語性のある楽曲”に影響を受けた偉大なアーティストとの出会いとは?

        シンガーソングライターのSano ibukiが、自身の音楽のルーツや、新曲『プラチナ』に込めた想いを明かした。 別れを描く際の、Sano ibukiらしさとは? 2017年に本格的にライブ活動を開始したSano ibuki。最初に「J-WAVE SONAR TRAX」に選ばれた楽曲は、1st Mini Album『EMBLEM』にも収録されている『魔法』だ。以降も、『革命的閃光弾』『おまじない』『emerald city』『pinky swear』など、たびたび「SONA

        スキ
        9
        • Cody・Lee(李)が“宅録”を知るきっかけになった楽曲は?

          5人組ロックバンドのCody・Lee(李)が、音楽のルーツや、楽曲『世田谷代田』に込められた想いを明かした。 「宅録」に立ち返って制作 Cody・Lee(李)は、高橋響(Vo, Gt)、尾崎リノ(Vo, Ag)、力毅(Gt, Cho)、ニシマケイ(Ba, Cho)、原汰輝(Dr, Cho)からなるバンド。2018年に高橋を中心に大学の友人同士で結成された。東京・下北沢BASEMENT BARを拠点にライブを行い、人気を拡大していく中で、2020年にソロシンガーソングライタ

          スキ
          8

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC

          • 15本

          世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。 「まだ、ここにない、出会い。」には、一人一人の可能性を信じて、豊かで楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことを応援したい。そんなメッセージが込められています。 そしてこのコーナーは、音楽との「まだ、ここにない、出会い。」により、リスナーの皆さんが新たな自分らしさを見つけるきっかけとなることを願い、スタートしました。

        • 新しい働き方のヒント

          • 116本

          世の中のさまざまな「新しい働き方」をお届け !『RECRUIT THE WORK SHIFT』(J-WAVE 81.3FM)で放送された内容をご紹介しています。

        • リクルート公式noteの編集ノート

          • 10本

          リクルート公式note編集部からのお知らせ、ニュースをまとめたマガジンです。

        • #2021年の出会い

          • 10本

          2021年12月~2022年1月に開催したnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#2021年の出会い」に関する記事のご紹介です。

        • リクルートで働く人々

          • 15本

          さまざな取り組み・サービスの裏側で奮闘する、リクルートで働く従業員の思いをお届けしています。

        • これからの「働く」を考えるヒント

          • 6本

          多様な働き方が広がる中、「自分らしい」と心から感じられる働き方を考えてみるヒントになるようなnoteをまとめています。自分の心の声とじっくり向き合う時間をつくるきっかけになればうれしいです。

        • トレンドランナー

          • 18本

          仕事選び、メイク、部屋探し、アルバイト。若者たちが気になるテーマを、様々な分野で働くリクルートの社員が語るポッドキャスト「トレンドランナー」。 一人ひとりが何かに挑戦する時の一歩を踏み出すきっかけやヒントをお届けします。 ★最新17話・18話の収録秘話は、10月中旬頃公開予定です! ポッドキャストはこちら▶https://open.spotify.com/show/0kNA3rIDguUABIPIzIaj1l

        • わたしたちが描く未来の話

          • 1本

          「こんなお店がつくりたい」「こんなサービスを届けたい」「こんなこと、やってみたい」……。時代に合わせてさまざまなメディアやテクノロジーを活用したサービスをお届けしてきた私たちの根底には、そんな一人ひとりの「Follow Your Heart」を応援したい、という思いがあります。このマガジンでは、それぞれの一歩を踏み出し、現場でがんばるあの人のストーリーをご紹介しています。

        • #いま私にできること

          • 7本

          2021年にnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#いま私にできること」に関する記事のご紹介です。

        • イベントレポート

          • 2本

          リクルートで開催したイベント関連の記事をご紹介しています。

        • RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC

          • 15本

          世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。 「まだ、ここにない、出会い。」には、一人一人の可能性を信じて、豊かで楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことを応援したい。そんなメッセージが込められています。 そしてこのコーナーは、音楽との「まだ、ここにない、出会い。」により、リスナーの皆さんが新たな自分らしさを見つけるきっかけとなることを願い、スタートしました。

        • 新しい働き方のヒント

          • 116本

          世の中のさまざまな「新しい働き方」をお届け !『RECRUIT THE WORK SHIFT』(J-WAVE 81.3FM)で放送された内容をご紹介しています。

        • リクルート公式noteの編集ノート

          • 10本

          リクルート公式note編集部からのお知らせ、ニュースをまとめたマガジンです。

        • #2021年の出会い

          • 10本

          2021年12月~2022年1月に開催したnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#2021年の出会い」に関する記事のご紹介です。

        • リクルートで働く人々

          • 15本

          さまざな取り組み・サービスの裏側で奮闘する、リクルートで働く従業員の思いをお届けしています。

        • これからの「働く」を考えるヒント

          • 6本

          多様な働き方が広がる中、「自分らしい」と心から感じられる働き方を考えてみるヒントになるようなnoteをまとめています。自分の心の声とじっくり向き合う時間をつくるきっかけになればうれしいです。

        • トレンドランナー

          • 18本

          仕事選び、メイク、部屋探し、アルバイト。若者たちが気になるテーマを、様々な分野で働くリクルートの社員が語るポッドキャスト「トレンドランナー」。 一人ひとりが何かに挑戦する時の一歩を踏み出すきっかけやヒントをお届けします。 ★最新17話・18話の収録秘話は、10月中旬頃公開予定です! ポッドキャストはこちら▶https://open.spotify.com/show/0kNA3rIDguUABIPIzIaj1l

        • わたしたちが描く未来の話

          • 1本

          「こんなお店がつくりたい」「こんなサービスを届けたい」「こんなこと、やってみたい」……。時代に合わせてさまざまなメディアやテクノロジーを活用したサービスをお届けしてきた私たちの根底には、そんな一人ひとりの「Follow Your Heart」を応援したい、という思いがあります。このマガジンでは、それぞれの一歩を踏み出し、現場でがんばるあの人のストーリーをご紹介しています。

        • #いま私にできること

          • 7本

          2021年にnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#いま私にできること」に関する記事のご紹介です。

        • イベントレポート

          • 2本

          リクルートで開催したイベント関連の記事をご紹介しています。

        記事

        記事をすべて見る
          • 「J-POPの幅を広げる」が目標のa子、音楽ルーツの椎名林檎を語る

            シンガーソングライターのa子が、音楽のルーツや、楽曲『ジェラシー』に込められた想いを明かした。 『ジェラシー』は上京したばかりの頃の等身大の歌詞 兵庫県出身のa子は、子どもの頃からギターと作曲を始めた。2020年に自主レーベル・londogから1st EP『潜在的MISTY』を発表。今年1月にはEP『ANTI BLUE』をリリースした。「SONAR TRAX」にはたびたび登場しており、宅録アーティスト特集や、今年1月のディレクターが“この1年でヒットするであろうアーティス

            スキ
            8
            • 大橋ちっぽけ、最新曲『嫌でもね』は“悲しいけれど踊れる”がコンセプト

              シンガーソングライターの大橋ちっぽけが、自身の音楽のルーツや、最新曲『嫌でもね』に込めた想いを明かした。 別れの曲だけどポップ…ギャップを楽しむ一曲 大橋ちっぽけは弾き語りの楽曲からバンドサウンド、ダンスナンバーまで、表現するポップスの幅を常に広げ続けている注目のアーティスト。最初に「J-WAVE SONAR TRAX」に選ばれた楽曲は2019年発表の『アイラブユーにはアイラブユー』。以降は『鏡写し』『僕はロボット』『常緑』が続々選出されている。 そんな大橋ちっぽけは4

              スキ
              12
              • Nao Kawamura、「楽曲制作で大切にしていること」が共通する楽曲との出会いは?

                セルフプロデュース、ソングライティングもこなすシンガーアーティストのNao Kawamuraが、自身の音楽のルーツや、最新曲『I wanna be there for you』に込めた想いを明かした。 “それでもあなたのそばにいたい”と思える気持ちってすごく尊い Nao Kawamuraは、ジャンルにとらわれない自身の音楽性を“エレメンタルポップ”と題し、これまでにSuchmosやSANABAGUN.の作品などに参加している。そのほかWONKのライブサポート、オランダのジ

                スキ
                7
                • Ryohu、盟友・YONCEとのコラボ曲は「100点を超える良さが出た」

                  HIPHOPクルー・KANDYTOWNの中心メンバーでソロとしても活動しているRyohuが、新曲『One Way feat. YONCE』を発表した。 YONCEの歌声が僕の中で聴こえてきた 2020年にリリースした1stソロアルバム『DEBUT』収録曲の『The Moment』がJ-WAVE「SONAR TRAX」にも選ばれていたRyohu。そんなRyohuはSuchmosのYONCE(Vo)をゲストボーカルに、そして“冨田ラボ”こと冨田恵一をプロデューサーに迎え、新曲

                  スキ
                  13
                  • さらさが歌う「ネガティブなことも受け入れて、次のステップに進む」楽曲

                    さらさが、満を持して初めてのEP作品『ネイルの島』をリリースした。そんな彼女が、その中の収録曲『Amber』で表現した“自分らしさ”を明かした。 さらさの自分らしさとは “陰陽のバランスを保つ” 湘南・茅ヶ崎育ちで23歳のシンガーソングライターのさらさは、独創的な歌声の持ち主でデビュー前から業界内で注目を集めていた。そんな彼女が最新曲『Amber』に込めた“自分らしさ”とは? さらさ:私の音楽で「特徴的だ」と多くの人に言われるのは歌声です。「声質が独特だね」とか「どんな

                    スキ
                    9
                    • My Hair is Badが「高校生に戻ったような感覚」で生み出した作品。椎木知仁が語る

                      My Hair is Badの椎木知仁(G, Vo)が、音楽のルーツや、楽曲『歓声をさがして』に込められた想いを明かした。 20代の結晶のようなアルバムには「衝動」を込めた My Hair is Badは2008年に新潟・上越市で結成されたスリーピースロックバンド。圧倒的なライブパフォーマンスが印象的なバンドで、4月13日には5thアルバム『angels』をリリースしたばかり。 果たしてフロントマンの椎木は同アルバムで、そしてその中に収録されているリード曲『歓声をさがし

                      スキ
                      83
                      • Omoinotakeが「ブラックミュージックの要素を、日本のポップスに昇華させた金字塔」と語る楽曲は

                        ピアノトリオバンドのOmoinotakeが、バンドのルーツとなる楽曲、そして新曲『心音』に込めた想いを明かした。 “踊れて泣ける”自分たちらしいサウンドを追求 Omoinotakeは2012年に、島根県出身の藤井レオ(Vo, Key)、“エモアキ”こと福島智朗(B, Cho)、“ドラゲ”こと冨田洋之進(Dr)という中学の同級生3人によって結成された。東京・渋谷を中心に活動をスタートさせ、特にストリートでの演奏で人気を獲得してきた。インディーズながらその様子がテレビで特集さ

                        スキ
                        10
                        • TOMOOが初めてピアノで耳コピしたジブリ楽曲は?

                          シンガーソングライター・TOMOOが、自身の音楽ルーツや、新曲『酔ひもせす』に表れた個性を語った。 和風の言葉を取り入れているところが自分の個性 1995年生まれのシンガーソングライター・TOMOO。幼少期からピアノを弾き始め、同時に作曲も始めた。高校時代に音楽コンテストに出場し、大学から本格的に音楽活動をスタートさせた。みずみずしい情景描写と溢れ出す感情を表現する歌詞、唯一無二の歌声で注目を集めている。 J-WAVE『SONAR TRAX』に選ばれている新曲『酔ひもせ

                          スキ
                          9
                          • BIM、盟友・kZmも気に入った新曲『Mosquito』で表現した自分らしさ

                            ラッパーのBIMが新作ミニアルバム『Because He's Kind』をリリース。 音楽のルーツや、収録曲『Mosquito』で表現した“自分らしさ”を明かした。 “雨降って地固まる”を自分らしく表現すると? 1993年生まれのBIMは、高校時代に友人たちと結成したHIPHOPユニット・THE OTOGIBANASHI'Sや、今年で活動10周年を迎えるクルー・CreativeDrugStoreの中心人物として活動する。その傍ら、2017年から本格的にソロ活動もスタートさ

                            スキ
                            10
                            • あたらよ『悲しいラブソング』は実体験を落とし込んだ楽曲。ひとみが語る

                              あたらよのひとみ(Vo, G)が、バンドマンを目指したきっかけとなった楽曲を明かした。また、1stアルバム『極夜において月は語らず』のリード曲『悲しいラブソング』に込めた想いを語った。 あたらよらしさとは“歌を届けるということ” あたらよはひとみのほか、まーしー(G)、たなぱい(Dr)、たけお(B)の4人からなる“悲しみをたべて育つバンド”。バンド名は“明けるのが惜しいほど美しい夜”という意味の可惜夜に由来している。作詞・作曲だけでなく、アートワークや映像もセルフプロデュ

                              スキ
                              13
                              • 古舘佑太郎、THE 2『恋のジャーナル』は“自分たちらしさ”を突き詰めて制作

                                THE 2の古舘佑太郎(Vo)が、音楽のルーツや、楽曲『恋のジャーナル』に込められた想いを明かした。 『恋のジャーナル』はどう作られた? THE 2は、もともと2017年に古舘と加藤綾太(Gt)を中心に2として結成された。それぞれ所属していたバンドが無期限で活動休止している中、“バンドで音を鳴らしたい”という欲求を抑えきれず結成に至ったという。2022年2月22日に元Shiggy Jr.の森夏彦(Ba)と、元赤い公園の歌川菜穂(Dr)が加入し、バンド名をTHE 2に改め、

                                スキ
                                18
                                • 発想の転換と思い切った改革で働きやすい環境を!――幸知会

                                  社会福祉法人幸知会は、栃木県で1995年に5つの事業所でスタート。特別養護老人ホーム「トータスホーム」の運営や、デイサービスなどの高齢者介護事業、さらには障がい者支援まで、介護を必要とする人たちを対象にした事業を進めています。現在、従業員は160人、事業所は19カ所です。 介護業界が慢性的な人手不足に悩まされる理由人材が定着しにくく、慢性的な人手不足に悩まされているといわれる介護業界。幸知会は、そのような業界の中にありながらも、いち早く週休3日制の導入に踏み切り、年間休日1

                                  スキ
                                  22