ポッドキャスト番組「トレンドランナー」好調! Z世代のギモンに答えます!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ポッドキャスト番組「トレンドランナー」好調! Z世代のギモンに答えます!

はじめに

あっという間に11月に入り、2021年も残すところあと2カ月弱となりました。リクルート公式noteを立ち上げてから、なんともうすぐ丸2年。読んでくださる方のヒントや一歩踏み出すきっかけになるコンテンツをお届けできるよう、皆さんのスキやコメントを励みにこつこつ取り組んでいます。いつもありがとうございます!

それでは、10月のリクルート公式noteを振り返っていきましょう。 人気の集まったコンテンツや、編集部一押しのコンテンツをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

10月のハイライト①:最も多く読まれたコンテンツは……

はじめに、最も多く読まれた記事をご紹介します。
10月は、マガジン「トレンドランナー」のトップページが、一番多くの人に訪れていただいたページとなりました。ありがとうございます。

リクルートがお届けするポッドキャスト番組「トレンドランナー」とも連携している、こちらのマガジン。これまでに仕事選び、メイク、部屋探し、アルバイトなど、若者たちが気になるテーマを、さまざまな分野で働くリクルートの従業員が語ってきました。

今回そんな「トレンドランナー」がリニューアル。学生や若手社会人など、Z世代を中心とする若い人たち抱えるさまざまな悩みや疑問に、リクルートの若手社員がメインスピーカーとなってお答えするという企画です。ポッドキャストではお伝えしきれなかった、あふれる思いも掲載されています。

10月には2本の記事を公開しました。1本目は、「マスク時代のメイク事情とは?」と題して、ホットペッパービューティーに所属する入社2年目の脇坂さんが登場。若者の皆さんからの質問に回答いただきました。

マスクを着用して人と会うこと、話すことが日常となったコロナ禍での、メイクのトレンドの変化や、学生の人たちへのメイクのアドバイス、ご自身の仕事への向き合い方など、多岐にわたってお話ししています。

2本目は、若い人たちの「ファーストキャリアづくり」を専門に調査・研究している、リクルートワークス研究所の古屋星斗さんをお迎えしました。

こちらの記事は、10月の最も多く「スキ」を集めた記事にもなりました!
古屋さんは、一人ひとりが持つ可能性や才能を開かせるにはどうしたらよいか、というテーマを研究していますが、そんな専門家の目を通して、若い人たちにはまず「今、自分ができる一番小さな行動を見つけ、実践してみる」ことが大切だと話します。古屋さんが研究にかける熱い思いを感じていただける記事です。

「トレンドランナー」のコンテンツが、皆さん一人ひとりの挑戦のきっかけやヒントになれればうれしいです。note編集部員もアシスタントとしてちょこっと出演しています。もしよければ、スキマ時間や移動中にぜひ聞いてみてくださいね。

▼ポッドキャストはこちら

10月のハイライト②:編集部的注目ニュース

続いて、編集部が取り上げる注目ニュースをお届け。

マガジン「リクルート公式note編集部のお知らせ」が、「リクルート公式noteの編集ノート」と名を変えて、アップデートしました。

少しでも編集部を身近に感じていただけたらと、毎月編集部がnoteの企画・運営を通して得た気付きや、皆さんに伝えたいことをお話していくこの編集ノートも、なんとか5カ月目に突入しました。まだまだ発展途上ですが、企画の裏側や記事では見えない取材中のちょっとした風景など、私たち編集部の試行錯誤の様子もお届けしていけたらと思っています。

ぜひぜひ、楽しんでお読みいただけたら幸いです。

▼リクルート公式noteの編集ノート

おわりに

今回も、「リクルート公式noteの編集ノート」を読んでいただき、ありがとうございます。

11、12月もさまざまなコンテンツを発信していく予定ですので、朝の仕事前やお昼休憩、就寝前など、お好きな時間に「リクルート公式note」を楽しんでいただればうれしいです。


この記事が参加している募集

振り返りnote

ありがとうございます!!うれしいです!
リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。