見出し画像

【リモートワーク、業務プロセスごとのコツ】

リモートワークの中、チームでどうやって円滑に働くか。

実際に苦心されている方も多い中、お役に立ちそうなコツを業務の段階ごとにいくつかご紹介させていただきます。

■仕事単位は“やや小さめ”で区切る

リモートワークで進める場合、仕事の単位は、やや小さめに分けることが有効といわれます。

たとえば全体で3か月かかる想定の場合、一週間~一か月の納期に区切ってみます。いくつかのパートにわけてサイズ調整してみると、安心して進めやすくなります。

■“報連相”、上司は待たず声掛けを

仕事のキホンである、報告・連絡・相談の“報連相”。

離れて仕事をするリモートワークでは、上司から声掛けをするプッシュ型が効果的です。

部下や後輩の立場では、うまく進んでいない不安や「何がわからないかがわからない」といった気持ちから、報告できない状況に陥っているかもしれません。「どんな感じ?」と声をかけてみると、とん挫している事態を未然に防ぐことにつながります。

■みえないハイタッチの習慣を

良い成果があったときには、すすんでチーム全体にシェアすることも良い取り組みです。

対面の研修などが難しい中、貴重なチームメンバーの学習機会になりますし、一緒に仕事をしている仲間と喜びあう。そんな“みえないハイタッチ”の機会は貴重ではないでしょうか。

今、リモートでの働き方に対峙する方へ。ヒントの一端となれたら幸いです。


参考:リクルートワークス研究所 リモート・マネジメントモデル 


ありがとうございます!また読んでいただけたらうれしいです。
1
リクルートの公式noteです。【公式HP】https://www.recruit.co.jp/ 【利用規約】https://www.recruit.co.jp/company/involvement/terms.html