見出し画像

オンラインデートを成功させる4つのコツとは?

リクルートで働くその道のプロが「仕事探し」や「学び方」「美容」や「食」といった様々なテーマの最新トレンドについて語る番組『トレンドランナー』。今回のテーマは「恋愛の最新トレンド」。ゼクシィ縁結び 恋愛・婚活アドバイザーをゲストに迎え、第十六話は「新しい恋愛のカタチ!オンラインデートのススメ」について聞きました。

藤井:リクルートがお送りするポッドキャスト「トレンドランナー」。今回は『ゼクシィ縁結び』 恋愛・婚活アドバイザーの桜井まり恵さんをお迎えして、今後のトレンドになりそうな「オンラインデート」について深掘りして聞いていきます。よろしくお願いいたします。

桜井:よろしくお願いいたします!

オンラインデートの現状

藤井:まずはオンラインデートの現状を教えてください。

桜井:コロナ禍で、リアルで会うのを躊躇したり、自粛しようと考えている方がやはりいらっしゃいます。そんな中で注目されているのが「オンラインデート」です。

『ゼクシィ縁結び』の会員の方々にアンケート調査を実施して、オンラインデートの印象をお伺いしたところ、大半の方がオンラインデートは新しいデートの選択肢になると考えていたり、安心して出会える場になるかもしれないと前向きに捉えていることがわかりました。

オンラインデート(利用方法_全体)

藤井:仕事でもリモートワークをする人が増えていて、オンラインで初対面の人と会話する機会が増えてきていると思いますが、オンラインデートならではの良さってどんなことがあるんでしょうか?

桜井:そうですね。例えば、日常生活では関わり合いが少ない人たちと出会ってデートができるのはオンラインデートならではの良さの一つではないでしょうか。

藤井:なるほど、なるほど。
こんなふうに日本では最近話題に上がってきているオンラインデートですが、海外はどうなんですか?

桜井:海外は本土が広いこともあり、以前から日本よりもビデオチャットが普及していました。例えば、アメリカだと「○○州」とかに閉じた出会いではなくて、本土全域を捉えて「自分に合う人はどれだけいるのかしら?」と考える方々が非常に多いんですね。

藤井:もしかしたら…、地球の裏側にいる人とも出会えてオンラインデートできちゃいますものね。

桜井:ひょっとすると、今後は日本に住んでいる方でも、海外に興味があったり、国籍を問わずパートナーを探している人にとっては、オンラインデートという選択肢が増えることで、出会いの幅が一気に広がるかもしれません。

藤井:オンラインデートのメリットは他にもありますか?

桜井:初めての人とリアルで会う時って、自分の個人情報をある程度お伝えすることになりますよね。でもアプリ上でデートをする場合はその懸念や心配が少ないので、安心・安全に初めてのデートができます。

あと、リアルだと移動をして、場所を決めて…というように、検討するのにも動くのにも時間がかかりますけれども、オンラインだとスマートフォンさえあればいつでもどこでもデートができます。これも良い点ですね。

藤井:よくリアルに会うと聞きづらいことも、「実は私こんな趣味があるんですけど、あなたはどうですか?」って、意外とオンラインの方がお互いの情報をリッチにコミュニケーションができる可能性もありそうですよね。

桜井:そうですね。
オンラインですと、基本的にはお家の中でデートをされる方が多いと思いますが、自分のお家が映ったり、お部屋の中が見えたりというのもあるので、アプリ上のプロフィールの中だけでは分からないその人のひととなりがなんとなく垣間見えたり、オンラインだからこそ見える部分だったりするので、リアルでは分からないところがお互い分かるという良さもあると思います。

オンラインデートを成功させる4つのTips

藤井:いよいよ、オンラインデートのTipsに入っていきたいと思います。オンラインデートをトライする時のTipsをぜひ教えてほしいです。

桜井:まず、「時間の管理」ですね。
お互いお家にいることが多いと思うので、時間の制約がないようにも思えますが、終わる時間を約束しないと、終わりたいのに言い出せないということが起きます。

最初の初めましての段階は、15~20分と時間を区切っていただいて、短い時間でお話しするのが良くて、その後に「もっとお話ししたい、興味があるな、こういうところも聞きたいな」というところが出てきたら、「また次回ね!」みたいな流れを何回か重ねていくというやり方が大事です。

藤井:意外と忘れそうですよね。

桜井:そして2点目は「質問」です。
オンラインデートは、沈黙がリアルの場よりも長く感じる可能性が高いです。あらかじめ聞いておきたい点を決めておくことが大事です。

聞いておくポイントは、マッチングアプリには既にプロフィールが公開されているので、気になった項目をヒアリングするように会話を進めていくと、お互いの価値観・趣味に触れられると思います。

藤井:ちゃんと準備しておくってことですよね。

桜井:そうです。準備は大事です。でも質問攻めにならないよう注意が必要ですね。

そして3点目が「リアクション」です。
会話を進めていくと相手の反応が気になりますよね。会話をしている時に、自分も興味がある話題が出てきた時は、オーバーリアクション気味に反応するのが大事です。

リアルのデートも、お話をする時はうなずくとか相槌をうつのが大事ですが、オンラインだと相手が相槌をうっているのか、興味を持っているのかが、なかなかわからないので、少しオーバー気味にリアクションをするのが大切です。相手にも「盛り上がる話題」が伝わります。

藤井:確かに…。リアクションがないと、リモートワークでも不安になる時があったりしますもんね。

桜井:そうですよね。
リモートで仕事しているときに「いいですか?」と言って無反応だと不安じゃないですか。それと同じです。

そして4点目が、話の最後を「次」につなげることです。
オンラインデートをして、「時間が15分経ったのではい終了、じゃあさようなら」と終わるのではなく、次また会いたいなと思ったら「またオンラインデートしてもいいですか?」というのを、気になった方には遠慮なく言うのは大事なことです。

オンラインデートやマッチングアプリというのは、アプリ上のやりとりなので、知らない人とすぐつながれて、嫌だったらすぐお別れできる利点はありますが、自分で踏み出していかないと次のデートに繋がらないんですね。

最後には、次どうしたいかってお話をしてもらえると、「次も同じようにオンラインデートしましょう!」とか「また来週話しましょうね!」とか、次につながりやすくなります。

藤井:Tipsはこれからも増えていきそうでしょうか?

桜井:まだまだ増えていくと思います。オンラインデートもやり方がとても進化していて、最近だと、会話が進みにくいときには、アーティストのインスタライブを一緒に見ながらオンラインデートする…みたいなことも増えています。

藤井:おもしろいですね。間に第3者のコミュニケーションを挟むとお互いが同じ方向を見て気楽に感想とか言い合えますものね。

桜井:ちょっとした“逃げ場”があると、より深くお互いのことが知れたり、同じ時間を過ごすだけで楽しかったりということが生まれてくるので、もっともっと楽しい使い方に発展していくのかなと思っています。

HPトップ画像(男性、お相手画面)

オンラインデートの未来は?

藤井:最後に今後オンラインデートがどうなっていきそうか、教えてください。

桜井:恋愛の仕方そのものが、コロナ禍によって変わってきています。リアルとオンラインの接点を上手に使いながら、パートナーとの出会う機会を作っていくことになると思います。

さらに、国籍も住んでいる場所も全然違う人同士が出会うことが当たり前になる世界も、そんなに遠い未来じゃないと思っています。オンラインデートの楽しみ方は人それぞれ。今後もっと増えていくと思います。

藤井:今回は、コロナ禍でのオンラインデートということを伺ってきて、とってもおもしろかったですね。桜井さん、2話にわたってありがとうございました。

桜井:ありがとうございました!

▼ポッドキャストはこちら


ありがとうございます!また寄っていただけたらうれしいです。
リクルートの公式noteです。"Follow Your Heart"というビジョンのもと、一歩踏み出すきっかけや勇気につながる情報をお届けします。【利用規約】https://www.recruit.co.jp/company/involvement/terms.html

こちらでもピックアップされています

トレンドランナー
トレンドランナー
  • 16本

リクルートで働くその道のプロが「仕事探し」や「学び方」「美容」や「食」といった様々なテーマの最新トレンドについて語る番組です。気になる最新トレンドについて、わかりやすく紐解いていきます。 ポッドキャストはこちら▶https://open.spotify.com/show/0kNA3rIDguUABIPIzIaj1l