わたしたちが描く未来の話

1
人や地域に寄り添う「やさしいDX」を実現する──鹿児島で事業を展開する藤社長のお話

人や地域に寄り添う「やさしいDX」を実現する──鹿児島で事業を展開する藤社長のお話

1974年、鹿児島県初の産業観光施設としてオープンした「奄美の里」。奄美大島発祥の絹織物・大島紬を伝える美術館、四季折々の景色が楽しめる日本庭園で行われるウェディングの他、奄美の郷土料理を堪能できるレストランやホテルなど、さまざまな事業を展開されています。 「原点である大島紬、そして奄美の伝統文化を継承していきたい」と語る、アーダンリゾート株式会社の藤陽一社長が着手した「人や地域にやさしいデジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)」とは、どのようなものなのでしょうか。

スキ
70