株式会社リクルート 公式note

リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。

株式会社リクルート 公式note

リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。

マガジン

  • RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC

    世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。 「まだ、ここにない、出会い。」には、一人一人の可能性を信じて、豊かで楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことを応援したい。そんなメッセージが込められています。 そしてこのコーナーは、音楽との「まだ、ここにない、出会い。」により、リスナーの皆さんが新たな自分らしさを見つけるきっかけとなることを願い、スタートしました。

  • 新しい働き方のヒント

    世の中のさまざまな「新しい働き方」をお届け !『RECRUIT THE WORK SHIFT』(J-WAVE 81.3FM)で放送された内容をご紹介しています。

  • リクルート公式noteの編集ノート

    リクルート公式note編集部からのお知らせ、ニュースをまとめたマガジンです。

  • #2021年の出会い

    2021年12月~2022年1月に開催したnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#2021年の出会い」に関する記事のご紹介です。

  • リクルートで働く人々

    さまざな取り組み・サービスの裏側で奮闘する、リクルートで働く従業員の思いをお届けしています。

記事一覧

Cody・Lee(李)が“宅録”を知るきっかけになった楽曲は?

5人組ロックバンドのCody・Lee(李)が、音楽のルーツや、楽曲『世田谷代田』に込められた想いを明かした。 「宅録」に立ち返って制作 Cody・Lee(李)は、高橋響(Vo, Gt)…

「J-POPの幅を広げる」が目標のa子、音楽ルーツの椎名林檎を語る

シンガーソングライターのa子が、音楽のルーツや、楽曲『ジェラシー』に込められた想いを明かした。 『ジェラシー』は上京したばかりの頃の等身大の歌詞 兵庫県出身のa子…

大橋ちっぽけ、最新曲『嫌でもね』は“悲しいけれど踊れる”がコンセプト

シンガーソングライターの大橋ちっぽけが、自身の音楽のルーツや、最新曲『嫌でもね』に込めた想いを明かした。 別れの曲だけどポップ…ギャップを楽しむ一曲 大橋ちっぽ…

Nao Kawamura、「楽曲制作で大切にしていること」が共通する楽曲との出会いは?

セルフプロデュース、ソングライティングもこなすシンガーアーティストのNao Kawamuraが、自身の音楽のルーツや、最新曲『I wanna be there for you』に込めた想いを明かし…

Ryohu、盟友・YONCEとのコラボ曲は「100点を超える良さが出た」

HIPHOPクルー・KANDYTOWNの中心メンバーでソロとしても活動しているRyohuが、新曲『One Way feat. YONCE』を発表した。 YONCEの歌声が僕の中で聴こえてきた 2020年にリリ…

さらさが歌う「ネガティブなことも受け入れて、次のステップに進む」楽曲

さらさが、満を持して初めてのEP作品『ネイルの島』をリリースした。そんな彼女が、その中の収録曲『Amber』で表現した“自分らしさ”を明かした。 さらさの自分らしさと…

Cody・Lee(李)が“宅録”を知るきっかけになった楽曲は?

Cody・Lee(李)が“宅録”を知るきっかけになった楽曲は?

5人組ロックバンドのCody・Lee(李)が、音楽のルーツや、楽曲『世田谷代田』に込められた想いを明かした。

「宅録」に立ち返って制作

Cody・Lee(李)は、高橋響(Vo, Gt)、尾崎リノ(Vo, Ag)、力毅(Gt, Cho)、ニシマケイ(Ba, Cho)、原汰輝(Dr, Cho)からなるバンド。2018年に高橋を中心に大学の友人同士で結成された。東京・下北沢BASEMENT BARを

もっとみる
「J-POPの幅を広げる」が目標のa子、音楽ルーツの椎名林檎を語る

「J-POPの幅を広げる」が目標のa子、音楽ルーツの椎名林檎を語る

シンガーソングライターのa子が、音楽のルーツや、楽曲『ジェラシー』に込められた想いを明かした。

『ジェラシー』は上京したばかりの頃の等身大の歌詞

兵庫県出身のa子は、子どもの頃からギターと作曲を始めた。2020年に自主レーベル・londogから1st EP『潜在的MISTY』を発表。今年1月にはEP『ANTI BLUE』をリリースした。「SONAR TRAX」にはたびたび登場しており、宅録アー

もっとみる
大橋ちっぽけ、最新曲『嫌でもね』は“悲しいけれど踊れる”がコンセプト

大橋ちっぽけ、最新曲『嫌でもね』は“悲しいけれど踊れる”がコンセプト

シンガーソングライターの大橋ちっぽけが、自身の音楽のルーツや、最新曲『嫌でもね』に込めた想いを明かした。

別れの曲だけどポップ…ギャップを楽しむ一曲

大橋ちっぽけは弾き語りの楽曲からバンドサウンド、ダンスナンバーまで、表現するポップスの幅を常に広げ続けている注目のアーティスト。最初に「J-WAVE SONAR TRAX」に選ばれた楽曲は2019年発表の『アイラブユーにはアイラブユー』。以降は『

もっとみる
Nao Kawamura、「楽曲制作で大切にしていること」が共通する楽曲との出会いは?

Nao Kawamura、「楽曲制作で大切にしていること」が共通する楽曲との出会いは?

セルフプロデュース、ソングライティングもこなすシンガーアーティストのNao Kawamuraが、自身の音楽のルーツや、最新曲『I wanna be there for you』に込めた想いを明かした。

“それでもあなたのそばにいたい”と思える気持ちってすごく尊い

Nao Kawamuraは、ジャンルにとらわれない自身の音楽性を“エレメンタルポップ”と題し、これまでにSuchmosやSANABA

もっとみる
Ryohu、盟友・YONCEとのコラボ曲は「100点を超える良さが出た」

Ryohu、盟友・YONCEとのコラボ曲は「100点を超える良さが出た」

HIPHOPクルー・KANDYTOWNの中心メンバーでソロとしても活動しているRyohuが、新曲『One Way feat. YONCE』を発表した。

YONCEの歌声が僕の中で聴こえてきた

2020年にリリースした1stソロアルバム『DEBUT』収録曲の『The Moment』がJ-WAVE「SONAR TRAX」にも選ばれていたRyohu。そんなRyohuはSuchmosのYONCE(Vo

もっとみる
さらさが歌う「ネガティブなことも受け入れて、次のステップに進む」楽曲

さらさが歌う「ネガティブなことも受け入れて、次のステップに進む」楽曲

さらさが、満を持して初めてのEP作品『ネイルの島』をリリースした。そんな彼女が、その中の収録曲『Amber』で表現した“自分らしさ”を明かした。

さらさの自分らしさとは “陰陽のバランスを保つ”

湘南・茅ヶ崎育ちで23歳のシンガーソングライターのさらさは、独創的な歌声の持ち主でデビュー前から業界内で注目を集めていた。そんな彼女が最新曲『Amber』に込めた“自分らしさ”とは?

さらさ:私の音

もっとみる