株式会社リクルート 公式note

リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your He…

株式会社リクルート 公式note

リクルートの”今”を伝える公式noteです。目指す世界観”Follow Your Heart”を体現するストーリーや日々の暮らしのヒントをお届けしていきます。

マガジン

  • RECRUITコーポレートブログ

    RECRUITコーポレートブログでは、事業・サービスでの取り組み、リクルートの働き方・カルチャー、従業員や社外ゲストの方々のさまざまなチャレンジをご紹介しています。

  • RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC

    世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。 「まだ、ここにない、出会い。」には、一人一人の可能性を信じて、豊かで楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことを応援したい。そんなメッセージが込められています。 そしてこのコーナーは、音楽との「まだ、ここにない、出会い。」により、リスナーの皆さんが新たな自分らしさを見つけるきっかけとなることを願い、スタートしました。

  • #2021年の出会い

    2021年12月~2022年1月に開催したnoteさんと開催した投稿キャンペーン「#2021年の出会い」に関する記事のご紹介です。

  • 新しい働き方のヒント

    世の中のさまざまな「新しい働き方」をお届け !『RECRUIT THE WORK SHIFT』(J-WAVE 81.3FM)で放送された内容をご紹介しています。

  • リクルート公式noteの編集ノート

    リクルート公式note編集部からのお知らせ、ニュースをまとめたマガジンです。

記事一覧

2024年問題に直面する物流業界の力に。『Airウェイト』で“待ち時間”解消へ

RECRUITコーポレートブログから2024年1月後半に公開した記事をご紹介! 混雑する場所には発生する“待ち時間”。その待ち時間に自由を提供するのが、受付管理アプリ『Air…

『Airペイ QR』で、インバウンド消費の決済対応をもっと便利に

RECRUITコーポレートブログから2024年1月前半に公開した記事をご紹介! 2023年11月に訪日外国人客数は約244万人を超え、特に観光客を中心に日本国内で生み出されている消…

ビジネス立案に挑戦する高校生に密着!『高校生Ring』取り組みの映像化に込めた願い

RECRUITコーポレートブログから2023年12月後半に公開した記事をご紹介! リクルートが2021年度から取り組んでいる、高校生向けのアントレプレナーシップ教育プログラム『…

リクルートのファミリーデー2023開催。「大切な人は皆、FAMILY!」

RECRUITコーポレートブログから2023年12月前半に公開した記事をご紹介! リクルートではファミリーデーを毎年開催していますが、2023年度は従来の従業員の子ども向けだっ…

Dos Monosのビートは、キャプテン・ビーフハートからの影響…荘子itが魅力を語る

HIPHOPトリオ・Dos Monosの荘子itが、自身の音楽のルーツや、楽曲『Clean ya Nerves (the horn jumps off)』に込めた想いを明かした。 Dos Monosはかっこよさの枠を超えた…

「おまえらThe ピーズっぽいな」と言われて…オレンジスパイニクラブ・スズキユウスケが思い出を語る

4人組バンド・オレンジスパイニクラブのスズキユウスケ(Vo, G)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『Crop』に込めた想いを明かした。 暮らしに寄り添う曲を作ることをモット…

King Gnuが“ある側面”で影響を受けたアーティストとは? 新井和輝が明かす

King Gnuの新井和輝(Ba)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『硝子窓』に込めた想いを明かした。 『硝子窓』と『カメレオン』で共通すること 人気ロックバンド・King Gnuで…

ブルーノ・マーズとの出会いは…「たった1分の衝撃」をAyumu Imazuが語る

アメリカと日本を拠点に活動しているアーティスト・Ayumu Imazuが、自身の音楽のルーツや、楽曲『RUN FOR YOU』に込めた想いを明かした。 「着飾ってない、かっこつけない…

圧倒的なメロディセンスを持つYo-Sea、幼少期から聴いて育ったルーツの1曲は?

シンガーソングライター / ラッパーのYo-Seaが、自身の音楽のルーツや、楽曲『Flower』に込めた想いを明かした。 “着飾る自分”から解放される作品を 沖縄出身のYo-Sea…

海外ドラマ『glee/グリー』で出会った楽曲からの影響は…WENDYのSkye McKenzieが語る

4人組バンド・WENDYのSkye McKenzie(Vo, G)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『SCREAM』に込めた想いを明かした。 「他人の考えなんて気にするな」背中を押す楽曲 2020年…

RHYMESTERの「とんでもねぇ曲」 衝撃の出会いを、ぜったくんが明かす

ラッパー / トラックメーカーのぜったくんが、自身の音楽のルーツや、楽曲『shuttle 99』に込めた想いを明かした。 最新EPの表題曲は「日常の小さな幸せ」を歌っている …

美空ひばり『リンゴ追分』が、音楽のルーツだった─SARMが語る影響

シンガーソングライターのSARM(サーム)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『D♡VE QUEEN』に込めた想いを明かした。 SARMは「愛と光の戦士」 SARMは、自らの音のルーツと…

生き方や考え方からも影響を受けた黒木渚。レトロリロンが出会いの衝撃を語る

レトロリロンのSuzune(Vo, Ag)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『ヘッドライナー』に込めた想いを明かした。 人生の「壁」と向き合った楽曲 2020年に結成された4人組バ…

田渕ひさ子の音楽は「朗らかさと鋭さ」が共存する─PEDRO アユニ・Dが愛を語る

元BiSHでPEDROのアユニ・Dが、自身の音楽のルーツや、楽曲『飛んでゆけ』に込めた想いを明かした。 音楽で恩返しをしていきたい 6月の終わりに惜しまれながら解散したBiS…

いきものがかり・吉岡聖恵と出会い、圧倒的な歌唱力に魅せられて…Nagakumo・コモノサヤが憧れを語る

Nagakumoのコモノサヤ(Vo, Gt)が、自身の音楽のルーツや、新曲『6月は愛について』に込めた想いを明かした。 「全力で楽しんで音楽をする」姿勢を大切に 2021年に始動…

スガシカオの“炙り出す”ような歌詞に衝撃─アツキタケトモがルーツを語る

アツキタケトモが、自身の音楽のルーツや、新曲『自演奴』に込めた想いを明かした。 若い世代の衝動を代弁する“音”が、時代によって変わった 作詞・作曲・編曲を自ら手…

2024年問題に直面する物流業界の力に。『Airウェイト』で“待ち時間”解消へ

RECRUITコーポレートブログから2024年1月後半に公開した記事をご紹介! 混雑する場所には発生する“待ち時間”。その待ち時間に自由を提供するのが、受付管理アプリ『Airウェイト』です。もともとはBtoC(Business to Consumer)向けに開発されたアプリで、主に飲食店などで利用されてきましたが、近年は倉庫・運送業におけるBtoB(Business to Business)での利用ニーズも高まっているといいます。『Airウェイト』プロダクト担当者 蔦田慎史

『Airペイ QR』で、インバウンド消費の決済対応をもっと便利に

RECRUITコーポレートブログから2024年1月前半に公開した記事をご紹介! 2023年11月に訪日外国人客数は約244万人を超え、特に観光客を中心に日本国内で生み出されている消費・サービスへのインバウンド需要は、コロナ禍前の水準まで回復したと言われています*1。訪日外国人によるキャッシュレス決済の需要が高まるなか、観光業を中心とする国内事業者には、売上機会を損なわないためにもキャッシュレス決済への対応が急務になっています。 そのようななか、QR決済対応店舗向けサービス

ビジネス立案に挑戦する高校生に密着!『高校生Ring』取り組みの映像化に込めた願い

RECRUITコーポレートブログから2023年12月後半に公開した記事をご紹介! リクルートが2021年度から取り組んでいる、高校生向けのアントレプレナーシップ教育プログラム『高校生Ring』。高校生に身近な課題を解決するための新たなビジネスを考えてもらう同プログラムの取り組み過程の映像化が進んでいます。この映像化を企画するチームの中心を担うのが、リクルートのコーポレートブランド担当従業員である佐藤麻里緒と八角四季。映像化の背景にはある願いがあると言う二人に話を聞きました。

リクルートのファミリーデー2023開催。「大切な人は皆、FAMILY!」

RECRUITコーポレートブログから2023年12月前半に公開した記事をご紹介! リクルートではファミリーデーを毎年開催していますが、2023年度は従来の従業員の子ども向けだったコンテンツを大幅刷新。家族以外でも「大切な人」は誰でも招待でき楽しめる場に変更しました。当日の様子と「みんなの日~RECRUIT FAMILY DAY 2023~」開催に込めた思いを、事務局を代表してリクルート DEI推進室の浅田優子に聞きました。 詳細はこちらからお読みいただけます。 ほかにも

Dos Monosのビートは、キャプテン・ビーフハートからの影響…荘子itが魅力を語る

HIPHOPトリオ・Dos Monosの荘子itが、自身の音楽のルーツや、楽曲『Clean ya Nerves (the horn jumps off)』に込めた想いを明かした。 Dos Monosはかっこよさの枠を超えたものを出す トラックメイカーでMCの荘子it、MCのTaiTan、没 aka NGSといった中高時代の同級生からなるHIPHOPトリオ・Dos Monos。国内外を問わず、さまざまなイベント・フェスに出演し、UKのロックバンド・Black Midi(ブラ

「おまえらThe ピーズっぽいな」と言われて…オレンジスパイニクラブ・スズキユウスケが思い出を語る

4人組バンド・オレンジスパイニクラブのスズキユウスケ(Vo, G)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『Crop』に込めた想いを明かした。 暮らしに寄り添う曲を作ることをモットーに 2023年3月までJ-WAVE「SONAR'S ROOM」を担当していたオレンジスパイニクラブ。ボーカル&ギターのスズキユウスケ、弟でギターを担当するスズキナオト、ベーシストのゆっきー、ドラマーのゆっきーの4人組だ。9月20日に2ndフルアルバム『Crop』をリリースした。 今回は同作についての思

King Gnuが“ある側面”で影響を受けたアーティストとは? 新井和輝が明かす

King Gnuの新井和輝(Ba)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『硝子窓』に込めた想いを明かした。 『硝子窓』と『カメレオン』で共通すること 人気ロックバンド・King Gnuでベースを弾く新井。J-WAVEの番組『SPARK』(毎週火曜 24:00-25:00)では、ナビゲーターも務めている。 King Gnuは、9月25日公開の映画『ミステリと言う勿れ』の主題歌『硝子窓』を映画公開にあわせて配信リリースした。今回は『硝子窓』に込めたKing Gnuらしさについて新井

ブルーノ・マーズとの出会いは…「たった1分の衝撃」をAyumu Imazuが語る

アメリカと日本を拠点に活動しているアーティスト・Ayumu Imazuが、自身の音楽のルーツや、楽曲『RUN FOR YOU』に込めた想いを明かした。 「着飾ってない、かっこつけない」を大切に 2000年生まれで大阪府出身のAyumu Imazu。6歳からダンスを始め、14歳から約3年半、アメリカ・ニューヨークにアーティスト留学をしている。そんな、Ayumu Imazuは、9月15日に新曲『RUN FOR YOU』を配信リリースした。今回はこの楽曲に込めた自分らしさについ

圧倒的なメロディセンスを持つYo-Sea、幼少期から聴いて育ったルーツの1曲は?

シンガーソングライター / ラッパーのYo-Seaが、自身の音楽のルーツや、楽曲『Flower』に込めた想いを明かした。 “着飾る自分”から解放される作品を 沖縄出身のYo-Sea。STUTSの最新アルバム『Orbit』の収録曲『Pretenders (feat.C.O.S.A.,Yo-Sea)』にも客演参加していることでも注目されている。圧倒的なメロディセンスと等身大のリリックでその才能を知らしめ、シーンにおいて、独自のポジションを確立している。同業者からの信頼も厚く、

海外ドラマ『glee/グリー』で出会った楽曲からの影響は…WENDYのSkye McKenzieが語る

4人組バンド・WENDYのSkye McKenzie(Vo, G)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『SCREAM』に込めた想いを明かした。 「他人の考えなんて気にするな」背中を押す楽曲 2020年に結成された、平均年齢10代のWENDYは、「世田谷から世界へ」をスローガンに掲げ活動している。世田谷区の青少年センターで出会ったのだというメンバーは、Skye McKenzieのほか、Paul(G)、Johnny Vincent(B)、Sena(Dr)。結成から1年半で「SUMM

RHYMESTERの「とんでもねぇ曲」 衝撃の出会いを、ぜったくんが明かす

ラッパー / トラックメーカーのぜったくんが、自身の音楽のルーツや、楽曲『shuttle 99』に込めた想いを明かした。 最新EPの表題曲は「日常の小さな幸せ」を歌っている 東京・町田市出身のぜったくん。大学卒業後、1度は就職したもののすぐに退職し、バンド活動をしながら、ソロアーティストとしての活動もスタートさせた。2018年にレーベル主催のオーディションでグランプリを獲得すると、2019年にデビューシングル『Catch Me Flag!!? feat. SUKISHA』

美空ひばり『リンゴ追分』が、音楽のルーツだった─SARMが語る影響

シンガーソングライターのSARM(サーム)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『D♡VE QUEEN』に込めた想いを明かした。 SARMは「愛と光の戦士」 SARMは、自らの音のルーツとなるジャズ、ソウルをベースに独特のビンテージボイスとパワフルなパフォーマンスが好評を呼ぶアーティストだ。「FUJI ROCK FESTIVAL '20」では「Rookie a Go-Go」に出演も果たした。2022年には「SUMMER SONIC 2022」に出演、国内に留まらず海外にも進出し、

生き方や考え方からも影響を受けた黒木渚。レトロリロンが出会いの衝撃を語る

レトロリロンのSuzune(Vo, Ag)が、自身の音楽のルーツや、楽曲『ヘッドライナー』に込めた想いを明かした。 人生の「壁」と向き合った楽曲 2020年に結成された4人組バンドのレトロリロン。音楽大学に通いながら、ソングライターとして活動していたSuzuneを中心に、同じ大学の同級生だった、Taiki Nagayama(Dr)、miri(Key)、Kazuaki Iinuma(Ba)が集まってバンド結成。同じ大学に通いながらも、専攻がまったく違う4人だったが、着々とシ

田渕ひさ子の音楽は「朗らかさと鋭さ」が共存する─PEDRO アユニ・Dが愛を語る

元BiSHでPEDROのアユニ・Dが、自身の音楽のルーツや、楽曲『飛んでゆけ』に込めた想いを明かした。 音楽で恩返しをしていきたい 6月の終わりに惜しまれながら解散したBiSHのメンバーであり、ソロプロジェクト・PEDROとして活動してきたアユニ・D。BiSHとしての活動に専念するために、PEDROは1年半という期間、活動を休止していたが、BiSH解散翌日にシークレットライブにて復活を果たした。そんなPEDROの再始動第1弾シングル『飛んでゆけ』が、8月23日にリリースさ

いきものがかり・吉岡聖恵と出会い、圧倒的な歌唱力に魅せられて…Nagakumo・コモノサヤが憧れを語る

Nagakumoのコモノサヤ(Vo, Gt)が、自身の音楽のルーツや、新曲『6月は愛について』に込めた想いを明かした。 「全力で楽しんで音楽をする」姿勢を大切に 2021年に始動した大阪を拠点に活動するバンドのNagakumo。フリッパーズ・ギターやCymbalsなどからの影響を公言する音楽性、コモノの清涼感あふれるボーカルが重なり、懐かしさと新しさが同居する「ネオネオアコ」なサウンドが注目を集めている。8月9日には最新作『JUNE.e.p.』をリリースした。今回は同作収

スガシカオの“炙り出す”ような歌詞に衝撃─アツキタケトモがルーツを語る

アツキタケトモが、自身の音楽のルーツや、新曲『自演奴』に込めた想いを明かした。 若い世代の衝動を代弁する“音”が、時代によって変わった 作詞・作曲・編曲を自ら手がける新世代の音楽家・アツキタケトモ。日常のちょっとした違和感を独自のダンスミュージックに昇華するアーティストだ。今回は「SONAR TRAX」に選出されている『自演奴』がどんな楽曲になっているのか、そして自分らしさはどんなものなのか、話してもらった。 アツキタケトモ:僕は自分で作詞・作曲をして、歌っている音楽家